養育費算定計算機で養育費相場をチェック!

 

 

 

養育費の相場を調べる方法のひとつに「養育費算定表」を参考にしますが、慣れない人にとっては意外とわかりにくいものです。
そこで、離婚後に養育費の支払い義務者が、権利者(通常、母親)に支払う、子供の養育費の計算機をこのまま使えるようにご紹介しています。
子どもの年齢や養育費を支払うべき義務者の年収、各種情報を入力するだけで養育費の相場を知ることができるもので、家庭裁判所の裁判官が発表した養育費算定表に基づいた計算機です。
おおよその、養育費の相場(月額)が表示されます。
※計算機を使ったシュミレーションはこちらからどうぞ!

 

いま、受け取るべき養育費の相場はいくら位なのか?この計算機を使って、ひとつの目安にしてください。
なお、あくまでも平均値ですので子どもが置かれている健康や教育環境など個別状況によって変わります。適切な養育費の金額は、子どもの今と将来を考慮して算出すべきもので、養育費問題に詳しい弁護士さんと相談しながら請求額を出すようにしてください。

 

 

【平均養育費】
2006年の統計ですが、離婚後に元夫から養育費を払ってもらっている母子世帯は、わずか19%に過ぎません。父親は、我が子の将来をどう考えているのか?!その無責任さが浮き彫りになっていて、一世帯当たりの平均額は42,008円となっています。

 

 


育費の回収や取り立てからきちんと払ってもらう方法など、養育費に関して詳しく知りたい場合には、まずはトップページからご覧ください。
養育費を払わない元夫に会わずに養育費を回収する方法